組織の未来確率委員会担当の10月例会をレストランれいん房様にて開催しました。講師は4月例会に続き特定非営利活動法人テダス 田畑昇悟氏にしていただきました。

4月例会では事業立案の手法を学び、10月例会では私達のまちの現状を紹介していただき、そこから各自で事業を考えるワークをしました。船井青年会議所が活動・運動するまちの現状のお話では、移住・空き家・小学校の活用とNPOの小さな活動を知ることができ、メンバーの今後に役立つ良い学びとなりました。

メンバーが3テーブルに分かれて個人で考えたことをテーブルごとにまとめて発表していきます。本例会では強制発想法という手法を用いてアイデア出しをしました。

リラックした雰囲気の中テーブル毎に活発なアイデア出しができ、次年度へ向けて効果的なワークができました。

3分間スピーチでは中本君に次年度への意気込みを発表していただき、船井青年会議所に対する想いを感じるスピーチでした。