【6月例会 京都府立丹波支援学校にて】

昨年度よりご縁を頂き、私たち船井青年会議所は評議委員として支援学校の学校教育に携わらせて頂いております。その中で丹波支援学校がどのような思い、考えを持って教育されているかお話の機会をいただきたいとご依頼があり、6月例会を丹波支援学校で開催させていただくことになりました。

お話の中で地域共生の教育、五感体験ができる教育を大切にされていると感じました。近年は高等部の生徒さんが増えており、就労体験ができる場探しに困られておられると伺いました。青年経済人として協力できることがあると気付きをいただいた良いお話でした。

構内を案内していただきま、その中でどのように教育されているのか教えていただきました。小中高の生徒さんがいらっしゃるので、とても広い構内で教育されていることを知りました。

3分間スピーチでは、安達委員の気付きをスピーチしていただきました。毎回メンバーが考えていることを知る良い機会です。